Entries

ファちゃん、安らかに

今我が家には、3兄妹ニャンズが居ます。
生後、1ヶ月半くらいでしょか。
SH3826700001.jpg

物凄く食べます。
凄い食欲です。
SH3826720001.jpg


この子は男の子です、一番弱っちい感じです。
僕ちゃん、大丈夫?って聴きたくなります。
SH3826740001.jpg


こちはは一番の暴れん坊、黒三毛の女の子です。
SH3826770001.jpg


暇さえ有れば、こうやって遊んでいます。
これはもう一人の妹にやられてる、お兄ちゃんです。
SH3826790001.jpg


この子達は、一時預かりです。
いつも里親を捜してくれる私の幼馴染みの友達が、保護した仔猫を預かってました。
そして、クリちゃんのブログでも一度里親さん募集と載せたこの猫の事情で私の家に来ました。

ファちゃんです。(ファーファから命名)
Photo0230.jpg


結局、ファちゃんを手放せなくなった友人が、家族に迎えました。
彼女の家は5ニャン居ます。
全て保護した猫達です。

年齢が7歳~6歳なので、小さい子を迎えようと思ったらしいです。
特に彼女のご主人にベッタリで、目に入れても痛くないほどの可愛がり様でした。
里親さんも現れましがが、ご主人がどうしても手放せなかったらしくて。

Photo02660001.jpg


その大切なファが、先週の金曜日突然具合が悪くなり、土曜日の朝病院に連れて行った所、FIPだと診断されました。
まだ4ヶ月半のファは、アッと言う間にガリガリに。

友人は泣きながら「ファが死ぬねん」と電話して来ました。
そしてファのお世話に専念出来るようにと、一番手の掛かる3ニャンズを私が預かる事にしました。


そして今日、友人から連絡があり、ファが虹の橋を渡ったそうです。
本当にアッと言う間の出来事でした。
診断から4日目で旅立ちました。

友人は、苦しみが長くなる事なく旅立てたと言ってました。
彼女とご主人の心の痛みは、言葉には出来ません。

huwat1.jpg

ファちゃんは、短い人生だったけど、幸せな人生だったと思います。
生まれて直ぐ危ない所を保護されて、大切に大切にして貰いました。
明日友人の家に行って、ファにお別れを言おうと思います。

ファちゃん、また友人の所に帰って来て下さい。
そして次は、長く長~~~く一緒に居てあげてね。


スポンサーサイト

7件のコメント

[C1678]

このファちゃんの健気な笑顔とへそ天。
既に向うの世界に行ってしまったなんて信じられません。
切ないですね。
家猫で生まれていたならFIPなんて病気に掛からなくて
長寿を全うするまで飼い主さんと一緒にいられたのに••
合掌

[C1681] 太っちょの母さん、こんにちは。

ありがとうございます。
本当に天使の様なファでした。
最後まで手を掛けずに旅立ちました。
とても良い子でした。
  • 2010-09-30
  • 投稿者 : チョミです
  • URL
  • 編集

[C1682] kuumama

お気持ちを考えると辛いです

でもきっと幸せな思い出を抱えて天使になったから生まれ変わっても会いにきてくれると思います。そう願いたいです。

ファちゃんに 合掌
  • 2010-09-30
  • 投稿者 : kuumama
  • URL
  • 編集

[C1683] kuumamaさん、こんばんは

暖かいコメント、本当にありがとうございます。
私もまたきっと、友達の所に帰って来ると思います。
可愛い健気なファでした。
  • 2010-09-30
  • 投稿者 : チョミです
  • URL
  • 編集

[C1685] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2010-10-01
  • 投稿者 :
  • 編集

[C1836]

クリちゃんに教わってこちらにおじゃまして、ファちゃんの事拝読しました。
何故でしょう、会った事無い子でも目が熱くなります。
FIPは私のニャー君ように14歳あたりの子と、そして仔猫さんがなる事が多いと聞きました。
仔猫さんがなったら。悲劇としか言いようがありません。

私の「食卓」に来て下さる方にも後お二方、FIPで大切な子を亡くされた方が居ます。

実はうちのヒメもFIPの抗体値を血液検査で測ると、1600という危険な値が常に出ます。
最初この値が出た時は、お恥ずかしい限りですが、私は一人泣きました。ニャー君を亡くした後のことだったし。

でもまだそれから数年たってもヒメは元気でやっています。
でも常に気を付けてはいますが。

ファちゃん、太く短い猫生だったけど、あなたを心から愛した人たちが居て、その人達が生きている限り、あなたもその人の心の中でずっと生き続けると思いたい。

心からファちゃんの冥福を祈ります。

Puriko

[C1840] Puriko さん、こんにちは

訪問、そしてコメントありがとうございます。
FIPは、特に恐怖ですよね。
病気はどれも恐怖ですが。

ファは友達が行った病院で、FIPは治らないもう死ぬしか
ない、みたいな事を言われて、泣きながら電話が来ました。

そして私は一縷の望みを掛けて「もみの木」さんに直ぐに連れて
行ったのです。
院長先生が色々と見てくれましたが、FIPは間違えなかったのです。

そして私の所に預かった3ニャンズにうつされたって言われて
ショックを受けた事も話しをしました。

院長先生は、絶対とは言わないし子猫達が元気にしてるなら、
多分その子達には問題ないですよって言ってくれました。

友達は、ファが亡くなって辛いけど、あの時の地獄だった自分に、
時間を掛けて診察して話しも聞いてもらえて、本当に心が
助かったって言ってました。

長々とすいません。
FIPのワクチンでもあればいいですね。
  • 2010-12-04
  • 投稿者 : チョミです
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://chomilog.blog62.fc2.com/tb.php/818-31e5130f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

ちょみ

ブログを書いている
チョミです。

神戸のヒプノセラピストです。
愛猫6ニャンと至福の生活を営んでいます。

家族構成
★チョミ(私です)
★クリちゃん(ブリティッシュ・男子)
★プリン(スコティッシュ・女子)
★トム君(茶トラ・男子)
★桜(三毛・女子)
★菫ちゃん(キジトラ・女子)
★シャーシャー(キジトラ・女子)

Extra

プロフィール

ちょみ

Author:ちょみ
ブログを書いている
チョミです。

神戸のヒプノセラピストです。
愛猫6ニャンと至福の生活を営んでいます。

家族構成
★チョミ(私です)
★クリちゃん(ブリティッシュ・男子)
★プリン(スコティッシュ・女子)
★トム君(茶トラ・男子)
★桜(三毛・女子)
★菫ちゃん(キジトラ・女子)
★シャーシャー(キジトラ・女子)

応援しています!

セキレイさん作

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索