Entries

愛・ラブ・ソフィー

今日はソフィーの思い出話しをしようと思います。

ソフィー
享年7歳
ゴールデンレトリバー
女の子
9月13日 虹の橋を渡りました。
SH3825500001.jpg


5年前私は、友人からのSOSで、ソフィーの里親を探す事になりました。
猫のコミュニティーはあっても犬は知らないし。
しかしそんな悠長な事は言ってられません。
2週間の期間限定だったのです。


その時2歳のソフィーは、大きなお庭のある家で大切に育てられていました。
しかし家を手放し、父、母、息子の3人家族は犬と暮らせないアパートに引っ越す事になりました。
詳しい事情は知りませんが、これだけで大体の想像はつくでしょう。


飼い主さんは自分達の事でも大変です。
そしてソフィーのこれからの事。
知り合いの方に相談し、家を出るまでの期間で里親探しを始めました。
期限まで里親が現れなければ、ソフィーを保健所に連れて行くのです。


それを聞かされてたので、何があっても里親を見つけないとと、毎日必死で探しました。
頭の中、ソフィーでぱんぱん状態。
沢山の人に協力して貰い、色々な所にも聞きに行きました。


近所の串カツ屋さんがレトリバーを飼ってる事を思い出して、お店に行き事情を話すと、そこに居たお客さん達が知り合いに電話してくれたりして協力もしてくれました。


しかし、2歳のレトリバーを直ぐにどうぞと言ってくれる所は中々ありません。
段々と日が無くなるにつれ、焦りが出ました。


もう3日を切った頃、私は決心しました。
もしソフィーの里親さんが見つからなければ、私が引き取ろうと。
保健所に行く事を考えると、そんな事出来ません。


その時我が家ははプリンとクリちゃんだけでしたが、猫と犬が一緒に住めるのか等々色んな心配事や考える事はありましたが、それよりもソフィーの命が大切です。


そしていよいよラスト1日になった時、いつも猫の里親さんを探してくれる幼馴染から電話が。
「ソフィーを引き取ってくれるって人が居たよ」

神様、ありがとうございます!

その方はゴールデンレトリバーと一緒に暮らしていて、ソフィーの話しを聞いた時に引き取ろうと思ってくれていたらしいです。
期限までに見つからなければ私が、と快く言ってくれました。


ソフィーを迎えに行く時、私と幼馴染の友人と宇田さんで色々シュミレーションしました。
もし、ソフィーが家族と離れるのを嫌がり暴れた場合を想定し、対面した瞬間直ぐに車に乗せる。
宇田さんが車の中で待ち、私と友達でソフィーを押し込む。
押し込まれたソフィーを宇田さんががっしりと掴む。
何度も何度も話しながら車を走らせました。


そして現れたソフィーは、全く何の心配も無くご機嫌さんで車に乗りました。


ソフィーのお父さんお母さん息子さんが、最後まで名残を惜しむように泣いてました。
ソフィーが大切にしていた縫いぐるみや毛布を一緒に渡してくれました。


その姿を見て色々と思いました。
始めは保健所に連れて行く!と聞き、飼い主さんに怒りが湧きましたが、ソフィーを連れてきた親子を見ると胸が痛くなりました。
誰も引き取る人も無く、自分達も連れて行けない状況。
だとしたら、究極保健所でと思ったのでしょう。


ソフィーは自分の行く末を納得し、諦めていたみたいです。
そしてやっと見つかった新しい家族に、ソフィーは心から嬉しかったのです。
車に乗った瞬間ソフィーが言いました。
「嬉しい!
 私、生きても良いのね!」

車の中はソフィーの嬉しいオーラ満開でした。


それから5年、ソフィーは大切に大切にして貰いました。
先住犬の「ラブちゃん」は元々心臓が悪かったらしく、1年前、11歳で虹の橋を渡りました。
その時も、ソフィーが居たから乗り越えられたと言ってくれました。


癒しのエネルギーが格段に高いソフィーでした。


そしてソフィーの訃報を聞き、友人と宇田さんとソフィーにお線香を上げて最後のお別れを言いに家に行きました。
すると、あれ?ソフィー?
SH3825520001.jpg


ソフィーが亡くなる5日前に、これまた飼い主が一緒に暮らせなくなったラムちゃんを引き取ったばかりでした。
もちろん、ソフィーが突然亡くなるとは思って無かったのです。


生まれつき腎臓が悪かったソフィーは、ずっと病院通いをしてましたが、至って普通に暮らしてました。
ラムちゃんが来て、そして5日後にソフィーが旅立ったのです。

これはきっと、ソフィーからの最後のプレゼントだと思います。
3歳のラムちゃんは、とっても大人しくて可愛いです。
悲しみでずっと泣いてる飼い主さんの側で、ピタっと寄り添っています。


私、レトリバーが大好きで、連れて帰ろうかと思ったくらいです。
SH3825580001.jpg


7年のちょっと短い人生だったけど、本当に大切にして貰った
ソフィー。
最後は大好きなママの為に、新しい家族をプレゼントしてくれた
ソフィー。

今度は私と一緒に暮らそうか?



タイトルの「愛・ラブ・ソフィー」の訳。
ママの名前が「愛」で、ラブちゃんがいて、ソフィーだからです。

スポンサーサイト

7件のコメント

[C1649]

ソフィーちゃんに纏わるお話を読んで、泣きそうになりました。
写真のソフィーちゃん、何て穏かで、優しさに溢れたお顔なんでしょう。
幸せに暮らせてよかった。。。
さぁ、この後は、ラムちゃんが、
この御宅に幸せを齎す役を引き継いでいくんですね!
命のリレー、素敵です。。。
いいお話を、ありがとう。
  • 2010-09-17
  • 投稿者 : ほんなあほな
  • URL
  • 編集

[C1650] こんばんは!

犬さんも猫さんも人間なんかより上等な生き物だなってつくづく思います。
ソフィーちゃんも前のご家族とは暮らせない事を理解しててちょみさん達の心配をよそに、ちゃんと車に乗ってくれたんだと思いました。
なのに、人間は一緒に暮らせない=保健所。なんて短絡的なんだろーーって、私もお怒りモードでした^^;
だけど、ちょみさん達がいらして良かった!命に期限を決めるなんて悲しすぎますもんね。
幸せな表情のソフィーちゃん、、、虹の橋を渡った今も穏やかでいることでしょうね!
  • 2010-09-18
  • 投稿者 : きくいち
  • URL
  • 編集

[C1652]

ほんなさん、こんにちは。
ソフィーの事思ってくれてありがとうございます。
最初に会った時よりも、どんどんお顔が愛らしくなりました。
最後は本当に天使の様なソフィーでした。
次はラムちゃんが癒しの天使になります。



きくいちさん、こんにちは。
ソフィーの写真をパソコンで見た時は、泣けて来ましたよ。
全てを悟って自分の命はもう無いと諦めてましたから。
新しい家族に大感激だったと思います。
最後までその恩を忘れずに逝ったソフィーは本当に素晴らしい子です。
  • 2010-09-18
  • 投稿者 : チョミです
  • URL
  • 編集

[C1655]

本当に優しい目をしたソフィーちゃん。
私はゴールデンレトリバーを見る度に、
”デューク”と言う短編小説を思い出します。

一度だけ人間になって飼い主さんの元に現れるんです。
どうしてもこの言葉だけが言いたくて••
そして、”貴方と暮らせて幸せだったよ”と言い残して
雪の中に消えて行くんです。:)

[C1656] 太っちょの母さん、こんにちは

”貴方と暮らせて幸せだったよ”
大切にしてもらった全ての存在が、家族や仲間に伝えたい言葉ですよね。
みんなの気持ちをヂュークが代弁してくれたんですよね。
ソフィーは今ラブちゃんと再開して、ママの話しをしてると思います。
  • 2010-09-20
  • 投稿者 : チョミです
  • URL
  • 編集

[C1658] ソフィーちゃん

今頃、虹の橋から、今までの飼い主さん。
最初の飼い主さんの様子をニコニコ見ているのかも知れませんね。
チョミさんや、いろんな人に助けられて
暖かい犬生を生き抜いたソフィーちゃん。
有難う。
私も読んで、暖かい気持ちになりました。
  • 2010-09-21
  • 投稿者 : しより
  • URL
  • 編集

[C1659] しよりさん、こんにちは

ソフィーは最初の家族の事も大切に思ってたと思います。
とても大切に育てて貰ったみたいですから。
とってもいい人生だったと、私も思います。
ありがとうございます。
  • 2010-09-21
  • 投稿者 : チョミです
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://chomilog.blog62.fc2.com/tb.php/815-42998550
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

ちょみ

ブログを書いている
チョミです。

神戸のヒプノセラピストです。
愛猫6ニャンと至福の生活を営んでいます。

家族構成
★チョミ(私です)
★クリちゃん(ブリティッシュ・男子)
★プリン(スコティッシュ・女子)
★トム君(茶トラ・男子)
★桜(三毛・女子)
★菫ちゃん(キジトラ・女子)
★シャーシャー(キジトラ・女子)

Extra

プロフィール

ちょみ

Author:ちょみ
ブログを書いている
チョミです。

神戸のヒプノセラピストです。
愛猫6ニャンと至福の生活を営んでいます。

家族構成
★チョミ(私です)
★クリちゃん(ブリティッシュ・男子)
★プリン(スコティッシュ・女子)
★トム君(茶トラ・男子)
★桜(三毛・女子)
★菫ちゃん(キジトラ・女子)
★シャーシャー(キジトラ・女子)

応援しています!

セキレイさん作

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索