FC2ブログ
 

ちょみログ

人生の幕引き

幼馴染のお父さんが、先日、癌で亡くなられました。
癌が分かった時は、ステージもかなり進んでいて、余命宣告を受けていました。

医者はやはり、抗がん剤治療を進め、何もしなければと言う事での余命宣告でしたが、お友達のお父さんは病院で残った命を過ごすより、普段と変わりなく生活したいと言う事でした。


痛みを緩和するケアーをしながら、普段と変わりなく生活をしていました。
余命宣告よりも長い時間生きる事が出来ました。

その間、逢いたい友人達に逢い、やり残したことがないようにと、家族に支えられながらやり遂げ、お葬式の場所も自分で決めて来たらしいです。
家の近所に偶然ながら、セレモニーホールが出来ていました。
家族葬を希望されていたので、家族もそのつもりで、最後の最後まで全力で支えていました。


私は幼馴染ではありますが、家族ぐるみのお付き合いでもあったので、母と妹と一緒にお通夜に行きました。
昔から楽しいユーモラスなお父さんだったので、私達もよく可愛がってもらいました。
人生の最後の幕引きを、ちゃんとやり切ったと思います。
残された家族達は寂しいけれど、最後まで行き抜くことに全力で向き合ったお父さんを、誇りに思った事でしょう。


全ての医療を否定するつもりはありませんが、抗がん剤治療や入院をしていたら、最後まで自由に人生を生きる事は難しかったと思います。


少し早いお別れでしたが、本当にお疲れ様でした。



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

チョミさん こんばんは~

幼馴染のお父さん素敵な人生を全うされたんですね~
ご冥福をお祈りします。

紅葉 | URL | 2016/01/28 (Thu) 21:54 [編集]


紅葉さん、こんにちは。

私も最後の最後まで懸命に生き抜いたと思います。
それを支えた家族も、素晴らしいチームワークでした。
素敵な方でした。

チョミです | URL | 2016/02/04 (Thu) 19:10 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)